mixi Page ⇒ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8419880


by zest-zest
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:DAI システム構築( 2 )

先日からかなり気合いを入れて日々編集とミックスをしていますが、今使用しているパソコン用の椅子がかなりよろしくないのです。

所詮は安物の椅子なのでガタガタいってもしょうがないのですが、長時間作業をしているとどうしても腰が痛くなってしまいます。挙げ句の果てには椅子の上であぐらまでかいていますので、腰痛はどんどん酷くなっていきます。

我慢の限界を超えそうなので楽天等を物色してみると、高級オフィスチェアーが出てきました。
オフィスチェアーの有名なのと言ったらやはりアーロンチェアーですよね。

色々な感想等をみていても、腰痛が治ったとか正しい姿勢を維持出来様になるとか、かなり惹かれる内容となっています。
しかし問題はその価格です。
新品で購入した場合は137,000円。


確かにいい商品なのでしょうが、どうしても椅子に14万近くは出せないです。
そこで色々見てみるとErgohumanというメーカーに出会いました。


見た目もなかなかいい感じで、評判もいい感じです。
あるサイトでは音楽ディレクター用なんて紹介されていましたのでぜひそのセールストークに乗ってみたいですね(笑)

さらに腰痛が悪化するようでしたら検討してみたいと思います。
[PR]
by zest-zest | 2012-12-29 03:17 | DAI システム構築

iPad2で遊びまくっていましたが、そればっかりでもいけないので何度もこのブログで書いているオーディオインターフェイスの検討を始めました。

というのも、最近特にうちのPresonusの調子が悪いのです。

Macを立ち上げてもうまく認識をしてくれなく、だいたいインターフェイスのために再起動をしています。
Main Outからも出力が安定しないのか、スピーカーがちゃんと鳴らないこともあったりと色々不具合が起きております。


次買うならやはり、今使用しているインターフェイスよりも音質は上げたいですので、必然的にハイレベルな物を選ぶことになりますよね。

RME、MOTU、Metric Halo、Apogeeとありますが、正直家でミックスで使用するだけならApogeeのDuet2やRME Babyfaceでも全然問題なく使用出きると思っていたのですが、なにげなくMetricの紹介ページを読んでいたら、Metricの機能の一つ、レコードパネルがあるのですが、元々はツアーのレコーディング等をMetricで行うために開発されたものなのですが、あるエンジニアさんはこのレコードパネルを使用して、DAWのマスタートラックをレコードパネルにバウンスするという方法をとっているそうです。

そのほうが、バウンス時に起きる音の広がりが狭くなるのを防ぐことが出来、マスターレコーダーを用意しなくても、それと同じことが出来るわけです。もちろんCharacterを使用して微妙なフレーバーを足すことも容易に出来ます。

そして、内部完結出来るので、配線等もしなくて済みますし、マスターレコーダーを別途用意しなくていいのもいいですね。

僕のようにMixをすることが多い人にとって、そしてMac使いにとってはやはりMetricはいいですね。
もう少し有名になってくれてもいいとは思うんですけどね。
[PR]
by zest-zest | 2011-06-18 01:15 | DAI システム構築