mixi Page ⇒ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8419880


by zest-zest
カレンダー

<   2009年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

すみません、続きを書くと言いながら間があいてしまいました。

前回のおさらいをすると、コンプのアタックとリリースの関係についてウダウダ書いてみましたが、要はリズムをタイトにしたいならリリースを長く、伸ばしたいなら早めの設定にすればいいわけです。なんか数学の公式みたいな感じですが、それを踏まえたうえで色々実験してみているのですが、ドラムのパーツ単体にかけるのもいいですが、ここは思い切ってドラム全体にかけてみました。


そのうち音源も貼付けるようにしていきますが、いまの所僕自身がやり方がわからないので文章だけでご容赦を。文章だとあっけないのですが、やはりまとめた音にコンプをかけるといい具合音がまとまり、DAW内でBUS経由でまとめてコンプをかけるよりも音にパワー感と迫力が出てきますね。


ただひとつ気になるのは、わざと深くコンプをかけると音が発振しだしたような音が出てくるのですが、外部でコンプをかけるとこんなものなのかなと今は考えております。また、別のコンプを試してみた時にこの発振についても確認してみたいと思います。

試せるのならぜひ外部でコンプをかけてみてください。

               dai
[PR]
by zest-zest | 2009-03-30 10:04 | DAI 機材コラム
昨日から一人で騒いでいるコンプの実験ですが、とりあえず軽くですがやってみました。まずは自分が以前レコーディングしたKickの音を使用して改めてコンプの使い方を勉強しなおしてみました。

今までなんとなく使用してきたのですが、誰もが悩み、いまいちよく使い方がわからないのがこのコンプレッサーなのです。

とりあえず昨日撮影したdbx1066を使用してこんな感じに接続しました。

      Macbook
       ↓↑
Presouns FireStudio Project(オーディオインターフェイス)
       ↓↑
      dbx1066

なんか本格的に見えますね(笑)
配線はもっと細かいので省きました(汗)

今回のお勉強は、まずはAttackとReleaseの関係について復習してみようと思います。

やってみた実験は4パターンです。

⑴attck最速 Release最速
⑵attck遅め Release遅め
⑶attck遅め Release最速
⑷attck最速 Release遅め


通常Attackが早めだと音の頭を潰すことができ、遅くすると音との頭を潰さず余韻部分からコンプがかかり始めます。
Releaseが最速の場合、信号がスレッショルド以下になると音の圧縮が終わり、そのため余韻部分にコンプがかからないために、相対的に余韻が強調されたように聞こえます。
反対に長めにすると、コンプの効果が長くなるため、本来圧縮しなくていい音まで圧縮される。そのために、余韻部分が抑えられ音がタイトになったように聞こえる。


とりあえず、効果としてはこんな感じなのですが、では聞いてみた感想はと言うと、結論から言うと上記で書いたような効果はなんとか聞き取れましたが、素材として用意したKickの音自体があまりサステインのあるKickではなかったため効果が弱く出てしまいました(汗)


そこで、今度はドラムの2mixで試してみましたが、今から家を出なければならないので、また帰ってきたら追記します(汗)
[PR]
by zest-zest | 2009-03-26 19:05 | DAI 機材コラム

dbx1066

b0053258_8544438.jpg

なんとか体調は回復いたしました。インフルエンザでなかったのが本当に良かったです。

さあ、体調を崩す前にやろうと思っていた実験をやりたいと思うのですが、その前にうちの機材を紹介しておこうと思います。

写真のこれはdbx1066というコンプレッサーで、主にライブハウスのPAで使用されていることが多い機種です。なぜこれを購入したかと言うと、当時ラック式のコンプがどうしても欲しくて、ヤフオクで安く出ていたので、特に調べもせず即落札しました。

うちの使用方法としては、歌を録る時にマイクプリからdbxを使用しています。理由としては、マイクプリ内蔵のコンプを使用するよりも有利に効果が出るからです。

以前は、ZESTでベースのコンプとしても何度か使用していた時期もあります。
あぁ懐かしい012.gif

とりあえず前置きはこの辺にして、実験後に書いて行きたいと思います。
[PR]
by zest-zest | 2009-03-25 08:54 | DAI 機材コラム

なぞの腹痛と発熱

昨日の朝方から、謎の腹痛と発熱に襲われ一日グロッキーでした。

本当は元気だったら家にあるdbxのコンプを繋いで色々実験する予定でしたが、出来ませんでした。

先日書いたチューブコンプは、たまたまある楽器屋さんで新品特価が出ていたので、今回のdbxの実験の結果が良かったら購入してみようと思います。

その前にまずは体調を治さなければ(汗)
[PR]
by zest-zest | 2009-03-24 16:07 | DAI

ちょっと話題のエクレア

b0053258_15264257.jpg

島田紳助がTVで紹介して一躍有名になったエクレアです。

150円でこの味はすごいっていうので、たまたま寄ったファミリーマートにあったので買ってみました。

感想は本当においしいですよ。

まあ、僕自身があまり甘い物は好きなんですが、たくさんは食べれないので二回に別けて食べましたが、おいしいですよ。

もしあった時は食べてみて下さい。
[PR]
by zest-zest | 2009-03-22 15:26 | DAI

WBC

賛否両論ありますが、今日は絶対韓国に負けるな!!

イチロー打ってくれーーーーーー!!!!!
[PR]
by zest-zest | 2009-03-20 06:58 | DAI

チューブコンプ

今、某オークションで出品されていてかなり気になっています。

ドラムの2Mixにアウトボードのコンプでまとめるとか、2mixファイルにコンプを通してチューブ特有の倍音を足してナイスな音にしたり、、、。

そして一番はどんな音になるかという興味がずっとグルグル回っています。

うー買いたい058.gif058.gif
[PR]
by zest-zest | 2009-03-19 08:26 | DAI 機材コラム

V-AMP3

b0053258_5583174.jpg

久しぶりにベリンガーからアンプシミュレーターの新作が発表されました。今まで、ギター用はブルー、ベースはシルバーのボディカラーでしたが、今回から赤に変更されました。

あきらかにLINE6のPODシリーズを意識したのではと思ってしまいます。

そして、実はこのV-AMP1は僕が初めて購入したエフェクターでした。
当時なんの知識がなかったもので、マルチエフェクターを買いに行ったのですが、BOSSのGT−5は高くて買えず、ZOOMはなんか安っぽくて嫌で悩んでいたところ、このV-AMPが中古で12000円ぐらいで売っていました。

エフェクターが色々入っているからマルチだなと思い込み、さくっと購入。
半年ぐらいいじり倒してた後、ふと楽器屋に寄ったところ、アンプシミュレーターというタグが書かれた所にPOD2とV-AMPが置いてあり、やっとV-AMPはマルチではないんだなと気づく。

うーんあの頃はほんとなにも知らなかったなぁ。
そんな私も今じゃ人に機材のことで偉そうに話しております(汗)

そんなことはどうでもいいですね、とりあえず早くV-AMP3が出て、実際に弾いてどれぐらいパワーアップしたか試してみたいですね。
[PR]
by zest-zest | 2009-03-17 06:12 | DAI 機材コラム

FireStudio Project

b0053258_12153748.jpg

この写真のオーディオインターフェイスを使用しているのですが、コイツとは購入当初から色々悩ませてくれています。一番頭を抱えたのは、このインターフェイスを使用する際に使用する、FireControlというコンソールソフトウエア。
なぜ悩んだか、それはFirewireでデイジーチェーンでHDを繋ぐと、そのソフトがフリーズしてしまうのです。結果的に音は出るのでなんとか使用出来るのですが、外部のレコーディングでこれになってしまうと非常に面倒くさく直すためにわざわざ再起動しなければなりません。

数回、メーカーともやりとりしましたが、結局解決せず今日まで放置していたのですが先ほど先日購入した新しいHDを繋いで使用してみた所、あっさりこの問題が解決しました(汗)

正直あっさりすぎてこの約1年間悩んでいたのはなんだったんだってぐらいあっさりでした。

とりあえずやっと外部のレコーディングでも外部HDでレコーディングが出来そうなので効率が上がりそうです。
[PR]
by zest-zest | 2009-03-16 12:24 | DAI 機材コラム

FireWire IEEE1394 その後

今週は多忙につき完全に放置しておりました(汗)
b0053258_8271756.jpg


そんな中でも先週から書いていましたFirewireについてですが、Macに搭載しているのは6ピンタイプなのですが、Firewire800は9ピンタイプだったみたいで、なんとも勉強不足を痛感いたしました。

ケーブルもIEEE1394bケーブル 6ピン-9ピン型というのがあり繋ぐことに問題はないみたいですね。

でも、転送速度がFirewire400になってしまうので、せっかくHD等を800で使用している人はあまり恩恵はないのでしょうが、オーディオインターフェイスが基本400で制作されているので、とりあえずPCが壊れて、800しか搭載していなくても使用出来ることがわかったので、ひと安心です。

そうなると、Focusriteが再熱してしまうかもしれません(笑)
[PR]
by zest-zest | 2009-03-12 08:28 | DAI 機材コラム