mixi Page ⇒ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8419880


by zest-zest
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


昨日はイケベ楽器のレコーディング関連を取り扱っているお店パワーレックのバーゲンが開催されていたのでちょいと見に行ってきました。

欲しい物があったわけではないのですが、先日書いたTL AUDIO A1を実際見たいなと思ったのですが、残念ながら見つかりませんでした。


これでただ何もせず帰るのもつまらないので、いつもお世話になっているイシバシ楽器さんで、Gibsonでも試奏させてもらいにずうずうしくも行ってきました。

今回もわがままを言って6本試奏させてもらったのですが、基本的に値段を伏せた状態で弾かせてもらい、その後で値段を教えて貰っているのですが、Gibsonの持つブランド力といいましょうか、職人さんの気合いを感じたのが今回写真を載せたHistoric Collectionでした。

まあ当然だと言うのはわかりますが、ライン生産しているギターはどうしても比較した際におもちゃっぽい音に感じてしまいます。この表現はあくまで個人的なものですので保証はしませんが。

ついでに見た目が綺麗なPRSも弾かせてもらいました。

これはCEをベースにした日本限定モデルでネックがメイプルとなっています。
僕は材の種類によっての音の知識はないのであくまで聞いた感じでは、レスポールよりも暴れる感じで、バンドで弾いた際にもしっかりと抜けてくる音でした。Gibsonよりも若く、ガンガン弾いてあげたいギターでした。

僕の小さいこだわりで、ピックアップセレクターが上に欲しいのでPRSのダブルカットは悩むのですが、お金があったらぜひ音のバリエーションとしては欲しいギターでした。

その後に10万台のPRSを弾かせて貰いましたが、完全におもちゃな感じでだめでしたね。

こんなわがままをいつも聞いていただいているイシバシ楽器さんには本当に感謝しております。

まずはアコギをもっと弾かないといけませんし、Gibsonや PRSを弾いても恥ずかしくないレベルまで練習したいと思います。
[PR]
by zest-zest | 2010-04-27 01:54 | DAI 機材コラム


これ見た目がかっこいい(笑)

それだけで選んではいけないですが、やはり機材はまず見た目です!

うちのアウトボードでないのが、ステレオ入力出来るマイクプリなんですよね。

前回のTube Saturatorなんかでチューブ感をやるのもいいですが、やはりリアルのアウトボードに
軍配は上がると思うんですよね。

値段的にも悪くないはずだし、いいなぁ。

欲しい、欲しい、欲しい、うん、欲しい。

近々実機を見てきます!!
[PR]
by zest-zest | 2010-04-23 07:23 | DAI 機材コラム
先週から元DDFのYu-yaがソロ活動を初めまして、それの楽曲のミックスをちょこちょこやっております。

時間を見つけてBuzzのミックスの反省等も書いていきたいのですが、5月には去年やったEXCELのレコーディングも決まってまして、ありがたいです。

そんな中、以前書いたPSP VINTAGE WARMER 2とTube Saturator気になり始めました。



どうしてもアナログ的なサウンドを構築する上でこの2つのプラグインは非常に有効だと思っています。

特にYu-yaが提供してくるソフトシンセ中心のサウンドにはもう一つ味が欲しいと思うところです。

金額的にも高額ではないので思い切って導入しちゃおうかなと悩んでいます。

さて、ミックスしないと!!
[PR]
by zest-zest | 2010-04-20 08:26 | DAI

IK信者のDaiが出遅れてしまいました(汗)

IK MultimediaからXpansion Tank 2が発売されました。

内容としては、Mac OS X / Windows対応のSampleTank 2.5 XT プラグイン・サンプルプレイヤーと、標準で付属するベーシックな1GBの音色ライブラリ、さらに全30種類の追加ライブラリからお好きなライブラリを1つ選んでダウンロードできるソフトウエア音源です。

そして驚くはその価格、税込みで6930円!
追加していくタイプの音源なのでここまで抑えられているんでしょうね。相変わらずIKの価格設定には驚かされますね。

Xpansion Tank 2発売記念プロモ「春の音源倍増計画!」を実施しております。

その内容は通常Xpansion Tank 2を購入すると1種類選んでダウンロード出来るライブラリを期間中はもう一つ手に入ります。
そして登録者数が500人を超えるとさらに3つ目が!
1500人を超えると4つ目が貰えちゃいます!

現在わずか5日間で900人を超えていますので、1500人も時間の問題でしょう。

音源の試聴もこちらから出来ますのでぜひ聞いてみて下さい。
[PR]
by zest-zest | 2010-04-17 07:43 | DAI 機材コラム

新作MacBook Pro 発売!


iPadで毎日騒がせているAppleから来ましたー!新作MacBook Pro!!

15インチから標準でCore i5を搭載し、15インチの最上機種ではCore i7が搭載され208000円。

MacBook Proってちょっと前まで30万近くしてたのに、今回は17インチでさえ218000円と値段が抑えられています。


でも17インチがCore i5なのがちょっと納得いかないですよねえ。
15インチでもいいですが、やはり新しく買い替えるならExpressCard/34 スロットがある17インチの方が魅力的なんですよね。

iMacも近々新しいのが出そうですね。
ノートかデスクトップか、また楽しい悩みが増えそうです(笑)
[PR]
by zest-zest | 2010-04-15 17:57 | DAI 機材コラム

Amplitube3 4月末発売!!


いよいよ発売が近づいてまいりました!

細かい説明は抜きにして、非常にサウンドクオリティも上がっているAmplitube3!

ぜひ皆さんも入手してくださいね!!
[PR]
by zest-zest | 2010-04-13 09:25 | DAI 機材コラム

AC-7 DAW Control Surface


いつになったら春は来るのでしょうか?
桜も散り始めましたね。今日の雨でかなりの桜が散っちゃいそうです。

さて、今回見つけたのはiPhoneでDAWをコントロール出来ちゃうAC-7のiPad版AC-7 Proです。



パソコン側の設定としてはDSMI Serverをインストールしておく必要があるが、それ以外はワイヤレスで操作出来ちゃいます。

値段は1200円で、国内販売はまだ未定ですが、かなり楽しみなアプリです!
[PR]
by zest-zest | 2010-04-12 13:38 | DAI 機材コラム

LINE6 Spider Valve 212 40W


どうもLINE6ファン兼回し者のdaiです!

冗談はさておき、今このアンプめっちゃ欲しいんですよね。

LINE6のサイトでこのアンプをプロのアーティストが試奏している動画があるのですが、いいんですよね。
プリ・アンプ部に12AX7を2本、パワー・アンプ部に6L6パワー管を2本使用し、Reinhold Bognerの技術と、LINE6のモデリングが融合したアンプなのですが、モデリングサウンドとは思えない粘りと、レスポンス。

後は音圧ですかね。どうしてもPOD X3等は、ヘッドアンプ等と弾き比べるとパワー負けしてしまい、バンドの中で抜けるサウンドを作るのは実際大変です。パワーアンプを別に用意出来ればいいですが、そう簡単に用意も出来ませんしね。

そしてなによりこのアンプ今安いんです。
Spider Valve 212はアウトレットで49800円。うちに転がっているHughes&Kettnerなんかと比較したら安いのわかりますよね?
しかもコンボならキャビネットによってサウンドが変化しちゃうのも防げますし、常に安定したサウンドが出せます。
だんだん本来の自分パートがなんだったのかわからなくなってきましたが、とにかく気になりまくりな機材なんです。
[PR]
by zest-zest | 2010-04-09 05:40 | DAI 機材コラム

LINE6 POD Farm2

昨日は疲労からか、久しぶりの体調不良で死にかけでしたが、今日はだいぶいい感じに回復しました。

さて、今回紹介する機材はLINE6 POD Farm2です。


僕もPOD FarmとAmplitubeを併用して使っていますが、やはり音は全然違います。
使いわけとしては、最初にAmplitubeをためしてからPOD Farmに行くことが多いですが、アンプの種類では断然POD Farmに軍配が上がります。

今回のPOD Farm2の一番の変更点は、機材関係を自由自在に並べられるようになったことでしょう。
前回までのPOD Farmは、例えばモジュレーション系はアンプの前か後ろか等は選べましたが、ディレイの後にコーラスをかけてアンプに行く等、コンパクトエフェクターなら出来る並べ方が出来ませんでした。
普通はほとんどやらない並べ方なので、LINE6社もそのような並べ方まで出来るようにはしなかったのでしょうが、状況によってはそういったサウンドが欲しい時もある訳で、それが出来るようになったのは非常に音作りの上でバリエーションが増えたと言えるでしょう。

さらに、MIDI Learn機能が搭載され、MIDIコントローラーでフレキシブルに操作でき、FBV Seriesを使用すれば足下でPOD Farmをコントロール出来てしまいます。

POD Farmを持っている方は49ドルでアップグレード出来ます。

POD Farm2 は99ドル。
POD Farm Platinum2 が299ドルとなっています。

日本での販売は現在のところまだ未定みたいです。
3月末でKORGが LINE6のサポートが終了していますね(汗)
[PR]
by zest-zest | 2010-04-08 05:44 | DAI 機材コラム

iELECTRIBE

約束通り紹介したいと思います!!

今日見つけちゃったこれです!!


これは先日発売されたばかりのiPad専用アプリ、KORG iELECTRIBEです。

わかる人はこのアプリの見た目で、数年前にKORGから発売されたリズムシーケンサーELECTRIBE SX (ESX-1)だとわかると思います。

プリセットもiPad用に新しく組まれているものを含めて64パターン入ってますし、音もプレビューを聞くだけでもなかなかいい感じでしたね。
値段も通常価格2300円なのですが(当時5万ぐらいしてた気が...)、6月30日までは発売記念価格1200円で販売しています。

今後もiPad専用アプリがどんどん出てくるみたいで楽しみですが、ハードの機材がますます縁遠くなってしまうような気がして、なんか少し寂しく感じてしまいますね。
[PR]
by zest-zest | 2010-04-06 05:34 | DAI 機材コラム