mixi Page ⇒ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8419880


by zest-zest
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

M-Audio Keystation Mini 32



USB接続出来る小型MIDI鍵盤、M-Audio Keystation Mini 32が発売されました。

小型鍵盤は25鍵が多いですが、M-Audioは32鍵とサイズに余裕がありますね。

KORG micro KEYも32鍵ではありますが、サイズはKeystation 32の方が小さいので
持ち運びは便利です。

そして、一番はiPadで使用出来ることでしょう。
iPad Camera Connection Kitを使用すれば、Garage Bandでガンガン打ち込みも楽しめます。

もう近いうちiPadでDTMが当たり前になっていくような感じになっていきそうですね。
僕もiPadユーザーとしては手に入れたいですね。

[PR]
by zest-zest | 2011-08-26 02:59 | DAI 機材コラム




4月に書いていたのですが、正式に日本での発売が決定しました。

9月発売予定となっていますが、そのサイズの小ささに驚きを隠せませんが、サウンドを聴く限りはやはりHughes&Kettnerのサウンドが出ていますね。

今までHughes&Kettnerをコンパクトに持ち運ぶには、TUBEMANを使用するしかなかったですが、例えば宅録でアンプシミュレーターを使用しないで、チューブサウンドを録りたいときは、内蔵のDIを使用することにより簡単に録音出来ます。

もちろんスピーカーアウトもあるので、キャビネットに繋いでスタジオ等で鳴らすことも出来ます。

うちにあるDUO TONEよりも簡単に録音出来るようになってしまったのは、時代の流れを感じてしまいます。
なんせDUO TONEにはセンドリターンもついていなかったのに、TubeMeisterにはしっかり搭載されています。

さらにDUO TONEをラインで録るために導入した、KOCH LB120。それさえも必要としないこのTubeMeisterにただ感動してしまいます。

個人的に普段はAmpliTube3を使用して練習していますが、TubeMeisterがあればレイテンシーを気にせず、ピッキングひとつひとつのニュアンスにこだわって練習できそうです。

Hughes&Kettnerはやはり見た目がいいですよね。
ぜひ部屋を暗くして練習したいですね。
[PR]
by zest-zest | 2011-08-20 01:09 | DAI 機材コラム

発売してから約3ヶ月経ちましたが、Roland QUAD-CAPTUREはかなり人気があるようです。

とある情報によれば、今回からニコ生で使用する際に便利な機能であるステレオミックスに似た機能(MAIN出力の録音)が追加されているので、非常に導入しやすいインターフェースとなっているようです。

QUAD-CAPTUREのコストパフォーマンスは非常に高いですので、高音質で配信したいなら間違いなく導入するべきでしょう。

今後は音楽を聞いたり、作ったりする楽しみ方にプラスして、配信しやすいインターフェイスというのも今後ヒット商品を生み出すための方法なのかもしれないですね。
[PR]
by zest-zest | 2011-08-18 02:31 | DAI 機材コラム



KOMPLETE8も発表されまして、ソフトシンセに新たな流れが起きていますが、そのKOMPLETE8以降から入っている、STUDIO DRUMMERが単体でも発売されています。


個人的に、KOMPLETEの中にあるドラムの素材はあまり好きではなかったのですが、今回のSTUDIO DRUMMERはかなり好感触です。

ちゃんとグルーブも3500種類入っていますので、打ち込みが苦手な方、とりあえずリズムを鳴らしておきたい時等、柔軟に対応出来ます。

サウンドバリエーションも豊富で、Garage kitの粗いサウンドはかなり僕的には良かったです。

BFDやSuperior Drummertにも負けていませんので、安くていいサウンドを探しているなら迷わず購入してみてください。
[PR]
by zest-zest | 2011-08-17 02:24 | DAI 機材コラム

SlateProAudio FOX



SlateProAudioといえばDRAGONで一躍有名になりましたが、SlateProAudioの新作マイクプリFOXの登場です。


音はNEVE系のVintageと現代のクリアなサウンドのModanの2種類があります。
そこからコンボモードを使用すれば、インプットはVintage、アウトプットはModan。
もちろんその逆も出来ますので、一台で4種類のサウンドを作り上げることが出来るわけです

注意としては、SlateProAudio製品は電圧が115Vに設定されているので、日本で使用する際は、電圧を上げていただくか、トランスを使用して115Vにしないと正常に動作しないようです。

この辺はどうしても日本は弱いですよね。


少し横道にそれますが、Metric ULN2のマイクプリも非常にごきげんで、仮歌を録ってみましたが、ダイナミックマイクでも十分録れますね。

個人的にはFocusriteの音が好きなので、録る際はよく使用していますが、MetricはFocusriteまでクリアーな感じではないですが、FocusriteよりもMidの密度が濃く感じるので、歌やアコースティックギターに非常に合いそうです。

次回はコンデンサーで試してみたいと思います。

SlateProAudioもぜひチェックしてみてくださいね。
[PR]
by zest-zest | 2011-08-14 01:50 | DAI 機材コラム

早速MIO Consoleのレコードパネルを使って、Logicから直接録音したものと、Logic内部でバウンスしたものを比較してみました。


一番気になっていた、内部バウンスの時に起こる2ミックスの音の広がり等が無くなるところに焦点を置いて聞いてみました。

感想としては、極端に音の差はなかったのですが、リバーブのザラつき感が無かったのはMIO Consoleで取り込んだ音の方でした。

結果的には、内部バウンスも悪くはなく、その楽曲に求められているサウンドによりけりな感じを受けました。


逆にLogicの内部バウンスも意外に悪くないということも改めて実感出来ました。


今回はマスタートラックにWAVESのL1だけかけて取り込みましたが、次回はLogic内で楽器ごとにステムミックスを作成して、その後MIO ConsoleのCharacterで色付けし、レコードパネルで取り込むなんてことも実験したいと思います。

それと、今回はレコードパネルで取り込んだ時はモノラルファイルが2つ作成されていました。
現在調べている限りでは、その2つのモノラルファイルをレコードパネル内でステレオにすることは厳しそうでした。

とりあえずはMIO Consoleからもう一度、Logicに録音するという流れが一番理想的なのかなと思いました。
その辺も調べて追記していきたいと思います。
[PR]
by zest-zest | 2011-08-09 01:54 | DAI 機材コラム

fx pansion Geist



毎日Metricの音の良さに感動しております。

いまだにRecord Panelは試していませんが、Characterは選ぶものによってかなり色を変えてくれるものもあってなかなか奥が深いです。

ミキサー周りをもう少し勉強したら追記していきたいと思います。


今回紹介するのは、fx pansionのGeistです。

サンプル/スライス/シーケンサー/エフェクターが一体になったソフトウェアで、自動で読み込んだサンプルをスライスしてくれたり、その際に楽器ごとに色分けしてくれたり、パッドに自動で割当もしてくれるので、DAWを起動しなくても、簡単にリズムを作成することが出来ます。

パターン以外にも、フィルター等の操作もGeist本体のシーケンス画面で操作出来ますので、DJで使用することも出来ますし、もちろんリズム作成時に使用して、エフェクティブに使用も可能です。


そして、最近のDaiのこだわりである、ソフトの動作ですが、非常に軽く、メモリ使用量も少なめですので、ライブでも使用も視野にいれてあるソフトという感じですね。


新しいリズム作成ソフトが欲しい人にはかなりおすすめなソフトになっています!
[PR]
by zest-zest | 2011-08-07 02:09 | DAI 機材コラム

Metric Halo きたー!!!

b0053258_3373554.jpg

とうとう我が家にやってきました!


Presonus FireStudio Projectの調子が悪くなってから、Mbox2のS/PDIFからVRM BOXでミックスしていましたが、いよいよ本格派インターフェースMetricの登場です。

とにかくDSPミキサーがおもしろい!
様々なルーティングに対応出来るようにほんとよく出来てます。


さらに簡易的にステムミックスから、MIOコンソール内でサミングしてみましたが、

やばいっす(笑)


DSPエフェクトも素晴らしい。
これでMacbookとMetricだけでレコーディングが出来ますし、機材セッティングが短くて済みそうです。


今の所動作がおかしくなるとかもないので、FireStudioの時は、よくスタジオで音が出なくなるという事故がありましたが、Metricはそんな心配もいらなそうなので、精神衛生上も良さそうです。


まだまだ、追求していかなければならないところはありますが、数時間使用した感じはほんと最高ってことですね。
改めて自分のミックスをMetricで聴くと、ムムムと思うところがさらに出てきますし、プロの音源も、いい音源と悪い音源がさらにわかりやすく聞こえてきましたね。


当分Metricで遊べそうです!!


iPhoneから送信
[PR]
by zest-zest | 2011-08-04 03:37 | DAI 機材コラム

NI KOMPLETE 8& ULTIMATE8



もう説明はいらないでしょう!

KOMPLETE 7から1年。
装いも新たに8の登場です!


KONTACTとGuitar Rigは5にアップグレード。
新作のSTUDIO DRUMMERもはいっていますね。
STUDIO DRUMMERの中にある、個人的にはSSLをイメージしたミキサー画面と、Solid EQ等はかなりいい感じでしたね。
音もデモ聞く限りではすごくカッコいいサウンドでした。KONTACT PLAYERならきっとそれほど重くないでしょうから制作で使用するにはかなりいいのではないでしょうか?


そして、忘れてはならないULTIMATE。

NIの全てが入ってくるパッケージで、さらにはUSB2.0ハードディスク付きですので、ソフトのインストール後は
素材のインストールがないので、相当な時間短縮になります。

音源だけでなく、VCシリーズやSOLIDシリーズも入っています。

今までのKOMPLETEをお持ちの方は迷わずULTIMATEを買うべきだと思います!


ちなみに価格はKOMPLETE 8が58,800円、ULTIMATEが115,000となっています。

アップグレードは初回限定、KOMPLETE 8 19,800、ULTIMATE 55,800となっているようです。
[PR]
by zest-zest | 2011-08-03 01:55 | DAI 機材コラム