mixi Page ⇒ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8419880


by zest-zest
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:Hughes&Kettner ( 5 ) タグの人気記事

明けましておめでとうございます!!

完全に放置になっておりますが、変わらず私は元気です!
そして今一番欲しいアンプ
Hughes&Kettner GrandMeister 36


取り急ぎ今年も宜しくお願い致します。
[PR]
by zest-zest | 2014-01-12 01:19 | DAI


この酷暑はキツいですね。
外に出るだけで疲れちゃいます。


さて、最近は小型チューブアンプを発売が続いているHughes&Kettnerから「TubeMeister 36」が発表されました。プリ部に12AX7真空管を3本、パワー部にEL84真空管を4本搭載した36Wの出力で、スタジオでリハーサルから、自宅録音用にRES BOXも搭載しています。

3チャンネル仕様でリバーブも搭載。レコーディングアウトもあるなんてほんといい時代になりましたね。
うちがバンドやっていたときはチューブアンプをラインで録るだけでも、KOCHのロードボックスを用意しなければならなかったので、羨ましいかぎりです。


自宅練習用に小型アンプが欲しいなとは思っているのですが、Hughes&Kettnerやっぱり見た目がいいっすよね。考えちゃおうかなぁ。
[PR]
by zest-zest | 2012-07-27 03:06 | DAI 機材コラム


大盛況の内に終わったNAMM SHOW。
本当に今年はかなり熱い商品が多かった様に思います。

さて、そんな中Hughes&Kettnerファンの私としては見逃すことは出来ないアンプが発表されました。

プリ部に12AX7を1本、パワー部に12BH7を1本使用した本格的なチューブアンプで、出力は5Wとかなり小さいですがサウンドは上位モデル並みのサウンド出してくれるとのこと。

去年はTubeMeister 18 Headがかなり好評みたいでして、最近は各社から小型ヘッドアンプが発売されていますね。

自分の時はDUO TONEを無理矢理KOCHを使用してライン録音したのが懐かしく感じますが、ソフトアンプシミュレーターが当たり前の時代となっては、逆にリアルアンプを鳴らして録音することが珍しいのかなとも思ってしまいます。

TubeMeister 5 Headにはライン録音用にDIアウトも装備していますので、パソコンでの録音でも十分威力を発揮してくれそうです。

価格はまだ未定のようですが、価格によっては勢いで購入してしまうかもしれません(笑)
[PR]
by zest-zest | 2012-01-29 02:16 | DAI 機材コラム




4月に書いていたのですが、正式に日本での発売が決定しました。

9月発売予定となっていますが、そのサイズの小ささに驚きを隠せませんが、サウンドを聴く限りはやはりHughes&Kettnerのサウンドが出ていますね。

今までHughes&Kettnerをコンパクトに持ち運ぶには、TUBEMANを使用するしかなかったですが、例えば宅録でアンプシミュレーターを使用しないで、チューブサウンドを録りたいときは、内蔵のDIを使用することにより簡単に録音出来ます。

もちろんスピーカーアウトもあるので、キャビネットに繋いでスタジオ等で鳴らすことも出来ます。

うちにあるDUO TONEよりも簡単に録音出来るようになってしまったのは、時代の流れを感じてしまいます。
なんせDUO TONEにはセンドリターンもついていなかったのに、TubeMeisterにはしっかり搭載されています。

さらにDUO TONEをラインで録るために導入した、KOCH LB120。それさえも必要としないこのTubeMeisterにただ感動してしまいます。

個人的に普段はAmpliTube3を使用して練習していますが、TubeMeisterがあればレイテンシーを気にせず、ピッキングひとつひとつのニュアンスにこだわって練習できそうです。

Hughes&Kettnerはやはり見た目がいいですよね。
ぜひ部屋を暗くして練習したいですね。
[PR]
by zest-zest | 2011-08-20 01:09 | DAI 機材コラム

LINE6 Spider Valve 212 40W


どうもLINE6ファン兼回し者のdaiです!

冗談はさておき、今このアンプめっちゃ欲しいんですよね。

LINE6のサイトでこのアンプをプロのアーティストが試奏している動画があるのですが、いいんですよね。
プリ・アンプ部に12AX7を2本、パワー・アンプ部に6L6パワー管を2本使用し、Reinhold Bognerの技術と、LINE6のモデリングが融合したアンプなのですが、モデリングサウンドとは思えない粘りと、レスポンス。

後は音圧ですかね。どうしてもPOD X3等は、ヘッドアンプ等と弾き比べるとパワー負けしてしまい、バンドの中で抜けるサウンドを作るのは実際大変です。パワーアンプを別に用意出来ればいいですが、そう簡単に用意も出来ませんしね。

そしてなによりこのアンプ今安いんです。
Spider Valve 212はアウトレットで49800円。うちに転がっているHughes&Kettnerなんかと比較したら安いのわかりますよね?
しかもコンボならキャビネットによってサウンドが変化しちゃうのも防げますし、常に安定したサウンドが出せます。
だんだん本来の自分パートがなんだったのかわからなくなってきましたが、とにかく気になりまくりな機材なんです。
[PR]
by zest-zest | 2010-04-09 05:40 | DAI 機材コラム