mixi Page ⇒ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8419880


by zest-zest
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

SSL Sigma



久しぶりに登場してみました!

今回気になる機材はSSL Sigmaです。
SSLが出してきたDAWユーザー向けのサミングミキサーです。

プロのレコーディング環境でもProTools内で作成した楽曲を一度SSL卓に通す事で
アナログの太さや、デジタル飽和を防ぐ等を行っている訳です。

そんなSSL信者にとってはたまらない機能をつけたのがSSL Sigmaなんです。

なにが素晴らしいか、それはProTools内で書いたフェーダーオートメーションを
Sigma内に反映させることが出来るのです。

通常なら一度ステム化したトラック等をオートメーション無しの状態で外部卓に送り、
それをProToolsに戻します。
これだとまた改めてオートメーションを書くか、トラックを複製する等して対応する
しかありませんでした。

しかし、SigmaはProToolsのミキサーからプリ経由で外部に出す事で、ProTools内の
ミキサーのフェーダーを通らないサウンドを取り出せます。

そしてSigma内の内部ミキサーにProToolsで書いたオートメーションを反映させること
でSSLのアナログ卓でミックスしているの同じサウンドをProToolsに戻す事が可能になる
のです。

要はAnalogue Workstation System AWS948の「A-FADA」機能を搭載した
サミングミキサーなのです。

通常の自宅にAWS948を置くのはまず無理ですし、買うなんてもってのほかです。
Sigmaはだいたい4,500ドル前後との事ですのでAWS948を買うよりは
だいぶ現実的ですし、サイズ的にも2Uですから導入出来る方もいるはずです。

Sigmaが今後の宅録環境に新たな風を呼び込んでくれるでしょうか?
[PR]
by zest-zest | 2013-05-08 00:18 | DAI 機材コラム