mixi Page ⇒ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8419880


by zest-zest
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Focusrite iTrack Dock


先日発表されたFocusriteの新製品iTrack Dock。
惜しくも先日生産完了になったALESIS iO Dockと構造はそっくりですが、接続方法はLightning端子で、する端子を上下することで、iPadでもiPad miniでも対応出来る所は非常に好感がもてます。

iO Dockが発売された時は正直iPadで音楽制作を行っていく事に抵抗はありましたが、
最近のアプリの充実や、Audiobus、Inter-App Audioの登場で、アプリ同士の連携が取りやすくなった事でiPadでの音楽制作もそう遠くないのかなと思います。

個人的にはiTrack DockのUSB MIDIが普通のMIDI端子であったら非常に欲しかったのです。理由としては普段ギターを弾く際にわざわざPCを立ち上げてまで弾くのはおっくうですので、iPadで簡易的にギターアンプの代わりにしたと考えていました。そしてついでにいつか買う事を狙っている、Hughes&Kettner GrandMeister 36のプリセット切り替えにiPadを使用したいのですが、その為にMIDI端子が必要なんですよね。
わざわざiRig MIDIを買うのも微妙でしたので、iTrack DockのUSB MIDIは残念でございました。どこかにiO Dock転がってないですかね?(笑)ちなみ僕が使用しているのはiPad 2ですのでiTrack Dockは使用出来ないのも付け加えておきます(笑)
[PR]
by zest-zest | 2014-02-05 01:40 | DAI 機材コラム

ALESIS iO DOCK



とうとうiPadでDTMが出来る時代がもうそこまできています。

iPad用GarageBandの登場や、MIDI機器を繋ぐDOCKが出たりと、色々な製品が
出てきています。

今回紹介するのは、iPadtとドッキングすることにより、オーディオインターフェイス機能を持たせ、さらにMIDI端子を使用すれば、外部MIDI機器にMIDI信号を送ることが出来るようになるのです。

ゲインコントロールのついた2つのコンボ入力端子(XLR-1/4')、ファントム電源スイッチ、Mic-Line/Guitarの入力切り換えスイッチなども搭載していますので、GarageBand等を使用すればレコーディングも簡単に出来ます。

なにより、Camera Connection Kitを使用してUSBのオーディオインターフェイスを使用することも出来たのですが、iPadからの電流が弱いために、セルフパワーのUSBハブを挟まないとインターフェースの動作が安定しないことがありましたが、そこはiO DOCKは心配いらないところもかなりの進化と言えるでしょう。

iPadユーザーであるDaiとしてはぜひ導入してみたいですね。
それで最近練習しているバンド録音なんかをiPadに録音してみるのもいいかもしれません。
[PR]
by zest-zest | 2011-09-12 00:53 | DAI 機材コラム